読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

8月の風のチベットツアー特選写真 [LHASA・TIBET]

あっという間に、8月も残りあと一週間となりました。

昔からの言われのとおり、

ラサは「ショドン祭」を過ぎて涼しくなってきました。

 

 

 

 

(デプン寺の大タンカ開帳。)

今年のショドン祭は、予想外の混み具合・・。

幸い、迷子も怪我人もなく、みなさんご無事で本当によかったです!

いやーでも、ほんとうにこの中にいたんですね。。

.

 

ポタラへの途上にて。)

みなさんいい顔していますねー!

高所到着まもないみなさんにとって、「ポタラの階段のぼり」はラサ観光の登竜門。

みなさんの表情からラサの朝のすがすがしさ、登りのきつさが伝わってきます(笑)。

.

 

(格好よすぎるお客さんたちの記念撮影。)

実は上のみなさん、風のチベット旅行に何度も来られている大リピーターの仲良しグループ。

今回、そのお一人が結婚されるというので、ラサで結婚式を挙げることに。

向かって真ん中が新郎、右から二番目が新婦。

新調した民族衣装が、みなさんお似合いで格好よすぎです(笑)。

.

 

(コルシェーを踊る、新郎新婦と現地スタッフたち。)

民族衣装を着たまま、そのままリンカ(ピクニック)場へ!

いやはや、とんでもなく凄い盛り上がりでしたね。

先月現地スタッフたちでリンカに行きましたが、それ以上の大盛り上がりでした。

.

 

(静かなたたずまいのリンカ(ピクニック)場。)

.

 

(リンカ場の巨大マニ車で遊ぶチベットの子供たち。)

子供はいつでもどこでも「器用人」。

人類学でいうところのブリコラージュ戦術そのままに生きている。

宗教用具も子供にかかれば遊具になってしまうのだ。

.

 

(リンカ場で、羊骨の伝統おはじきに興じるおばあちゃんたち。)

とっても可愛らしいおばあちゃんたちでした。

きっと子供にもどられていたのでしょう。

.

 

(ブラジリアン格闘技で、英語ガイドのゲンツェンを攻める新郎。)

ピクニック場では踊りあり、歌あり、伝統サイコロ遊戯(ショ)ありの

はちゃめちゃなノリでしたが、これもすごかったですねー。 

それにしても、リンカでなんで格闘技が始まんねん!?

.

 

(左から、ガイドのハン君、誕生日を迎えられたお客さん、僕の「あほ3人」。)

今回のショドン祭ツアーのお客さん、ちょうど誕生日を迎えられた方がお二人いらっしゃいました。

お誕生日、おめでとうございます!

現地手配会社が用意したクリームケーキを食べた後、あれよあれよという間にこんなことに・・。

不惑のアラフォーになっても、こんなことをやっているなんて・・。

悪戯者はいつまでも成長しないのでしょう!?(苦笑)

.

 

(僕の住んでいる宿の屋上から。遠方にポタラが見える。)

ショドン祭が終わった途端、急に涼しくなってきました。

名実とも、秋の始まりです。

灼熱のラサの夏よ、来年までさようなら(ジェーヨン)!

 

Daisuke/Murakami

 

8月25日

(ラサの)天気: くもり時々晴れ

(ラサの)気温: 10~24度

(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、Tシャツ、フリースなど。 夜はフリース、ジャンパーなど。 帽子、そして日焼け対策は必須。空気は非常に乾燥しています。雨期なので雨具も忘れずに。

 

 

Copyright(C) 2005-2015 村上大輔 All Rights Reserved.