読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

夏と生野菜とチベット人 [LHASA・TIBET]

Daisuke Murakamiのチベット駐在日記

カァー! アツイ、熱い、暑い!

 

 

 

 

昼間のラサは、暑い!

夏至を迎えたばかりの北半球では、太陽の容赦ないエネルギーが浴びせられている。

緯度が鹿児島の南、そして海抜が富士山頂のラサでは、

そのエネルギー効率たるや、尋常なものではない。

外は熱射病注意報である。

帽子はMUST!

 

そうはいっても、乾燥しているラサ。

日陰などはとっても過ごしやすい。

クーラー要らずで、部屋の中で丸一日快適に過ごせるのは天国ともいえる。

 

それも夕方になると青空は夜雨の予感とともに、真っ青になっていく。

涼しげな空気を含んだ外気に誘われて屋上に出ると、

青がどんどん強く、そして異様なほど濃くなっていき、

雲の中に空の青が滲み入っていくのが見える。

青が本当に強いのだ。

 

極上は、雨後。

この群青色の世界たるや、まるで身心の一粒一粒が浄化されていくようだ・・。

こうした深くて濃い青空の広がるチベットでは、

病気をやわらげてくれる薬師如来の体が群青色に彩られるのも、

決して偶然ではないような気がしてくる。

 

sky

(写真では分かりにくいかもしれないが、「青」が雲に溶けこんでいく。)

 

さて、今日の話題は生野菜!であるが、

このところ僕は、炎天下の中、昼間はわざわざポタラ裏まで歩いていき、

水餃子を食べに行くことが多い。お気に入りの店があるのである。

その前菜としていつもオーダーしているのが、

大拉皮(たーらーぴー)!

見た目はちょいと悪いが、生野菜+ところてんにゴマだれやお酢、

そして軽く唐辛子で味付けしたもので、これがまた美味しい。

これはチベット料理ではなく、中国の東北地方のものであるのだが、

真夏の中、生野菜の感触に飢えた者には、これは甘露級の食べ物といえよう。

 

imgp1183

(大拉皮 [たーらーぴー]。大陸冷麺?のような味。)

 

だが、この甘露級の食べ物に対して、伝統的に、

食欲があまりわかない民族がいる。

そう、チベット民族である。

 

これは、我々の感覚で敢えて喩えるならば、

樹皮や芝生に食欲を覚えるのが難しいのと似ているかもしれない。

 

チベット人、特に遊牧民たちの考えでは、

(生)野菜を食べるのは家畜であり、人間は肉(と穀物と乳製品)、と決まっている。

生得的に、そして、文化的に。

遊牧民たちが都会のラサ人や漢民族を見ての、謂れがひとつある。

 

「こいつら、それぞれ草にそれぞれ名前をつけて、食べよるー」。

 

名前をつけることは対象を支配し、馴れ親しい存在に変化させることであり、

この遊牧民の謂われは、そこを無意識についたものである。

野菜=草という家畜の餌を、人間の食べ物にするために、

ひとつひとつ名前を与えていると。

名前を与えて、美味しく見せていると。

本当は、牛や豚など家畜の餌に過ぎないものを。

 

imgp6771

(バルコル近くのヤク肉を売る屋台。)

 

そういえば、僕の日本人の知り合いでひとつ話がある。

彼の嫁はチベット人の女性だが、初めて彼女を連れて日本の実家に行った時のこと。

お父さん、お母さんへ挨拶をし、そしていよいよ皆で夕ご飯を食べるというとき、

お母さんはおもむろに食卓の上にサラダを出したのである!

 

当然、チベットの田舎出身の彼女はそのとき、とても悲しい気持ちになったそうである。

生野菜を出すなんて、私達二人の結婚に反対しているに違いない!と。

 

日本(横浜)に長年住んだ彼女は今では、サラダ大好きチベット人になったようだが、

この最初のサラダとの対面は、ひじょ~にショックだったと、

笑いながら語ってくれたのを覚えている。

 

また、つい先日のことだが、

チベットのある悪霊祓いの祈祷書を精読していた。

その中に実に興味深い一節があったので紹介する。

悪霊を祓う上で様々な醜い衣類や携帯物を、ラマが与えるシーンである。

 

・・・

悪霊よ、お前に食べ物がないのなら、

出涸らしの茶葉を食べ物とせよ!

(人間の)食べかす、残りかすを食べ物とせよ!

緑の生野菜を食べ物とせよ!

これらを食べながら、消え失せよ!

あっち(の世界)へ還れ!

・・・

 

なんともはや。

生野菜は、忌むべき悪霊の卑しい食べ物として登場していたのである。

マイナーな祈祷書にまで、<劣等食物>扱いされるとは・・。

 

 

実はここ5~7年ほど、ラサ人の間で菜食ブームが出てきており、

肉食をできるだけ絶つ傾向にはあるが、火の通った野菜料理は食べれても、

生の野菜には抵抗のあるチベット人はまだ多いように思われる。

 

夏の甘露級の食べ物への道は、遊牧民はまだまだ遠いかもしれない(笑)。

が、仏教の教えから肉食はできるだけ絶つように、と

積極的に言われ始めている(そして積極的に教えに沿おうとしている)今日この頃、

近い将来、大草原のテントの傍らで、

生野菜の宴をしているシーンを見かけることがあるかもしれない。

シュールレアリズムの世界のようで、相当違和感を感じるが(笑)。

 

Daisuke/Murakami

 

imgp1228

(鍵を開けようとする肉食仔猫。日本の極上猫餌はこの中に入っているのか・・?)

 

6月30日

(ラサの)天気: くもり時々晴れ(夜は雨も降ること多し)

(ラサの)気温: 14~27度(昼間は相当暑いです)

(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、Tシャツ、フリースなど。 夜はフリース、ジャンパーなど。 日焼け対策は必須。帽子は被ったほうがいいです。空気は非常に乾燥しています。雨期なので雨具も忘れずに。

 

Copyright(C) 2005-2015 村上大輔 All Rights Reserved.