読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

ポタラ前で大コルシェー!?[LHASA・TIBET]

コルシェーとは、チベットの伝統ダンスの王様のようなものである。

大勢で円くなって踊るもので、みなさんもどこかで観たことがあるかもしれない。

なんとそれが今、毎晩ポタラ前で繰り広げられている。

 

 

 

 

夜8時半ぐらいに、ポタラ広場に行ってみよう。

 

少し前までは、解放記念碑の前で、

大音響とともに奇怪な噴水ショーが繰り広げられるのみで、

中国人観光客を中心に群がっていたが、

今はチベタンが過半数、夜の広場を占拠している。

 

彼ら、彼女らは、このポタラ広場に、

夜な夜なコルシェーを踊りに来るのである。

 

imgp0615

 

コルシェーは、昔の日本の盆踊りに構造は似ているかもしれない。

みな同じ所作で、円環になって踊りながら少しずつ進んで行く。

違いは、ややテンポが速いこと。そして、それよりもなによりも、

(「伝統の心」を失ってしまったと年配のチベタンによく嘆かれる)若者たち!

その若者たちに大変な人気なのである。 特に女性がノリノリである

 

このポタラ前での大コルシェーの行事の出自はよく分からないが、

地元政府の「文化政策」の反映であろう。

数ヶ月ほど前から政府関連のオフィスなどでは、

「みんなでチベットダンスを踊ろう」運動が上からあったらしく、

昼休みなどはレッスンがあったときく。

3月の何らかのイベントで踊る予定であったらしいが、それがキャンセルされ、

その余波かモーメントか分からないが、こうして毎夜ポタラで大コルシェー大会が催されるようになった。

 

imgp0674

 

広場に流れる曲を注意してよく聞いてみる。

気のせいか、現代ラサを愛でる漢語の歌が多いような気がする。

そしてチベットの曲も、チベット人があまり盛り上がり過ぎないように、

微妙な選択がされているような・・。

 

それでも、チベット人好みのノリノリのテンポの曲が始まるや否や、

彼女たちは環のなかにどんどん吸い込まれていく。

それは、なんともすごい光景である。

大勢のチベタン美女が一度に吸い込まれる光景―。

 

imgp0655

 

多くのチベット人にとって、

踊りと歌は、(先進国の場合のように)「趣味程度」に終わるものでは決してない。

もっともっと心の深いところで彼らを結びつけ、生命を与えるような、

極端かもしれないが、非常に宗教的な性格をさえ帯びてくるところがある。

 

もちろん踊りにも地域差や好みの差はあるのであるが、

このコルシェーという、バラバラな個人を(一時的にでも)全体へと

昇華・躍動させるようなものを目の前にすると、伝統文化というものの力を感じないわけにはいかない。

 

ところで話は変わるが、

十年以上前ラサに住み始めたころ、

このコルシェー、僕ら外人の目には非常に奇異に映っていたが、

そのせいであろう、なんともいえない魅力に感じ入ったものであった。

それが興じて僕ら留学生は、

芸術学部の舞踊専門の先生を毎週留学生寮にお招きし、コルシェーを習っていたのだ。

それでも飽き足らないノリノリの僕らは、派手派手な衣装をも揃え、

下手なコルシェーをガンガン踊っていた。

 

dscf0068

 

若かったのか、バカだったのか(笑)。

 

とにかくいろいろ楽しかったのを覚えている。

十年前のチベット留学時代の話はあまりしないようにしているが(いつかどこかで書くかもしれないが)、

留学というよりも、完全に「遊学」であった。

 

話は戻って、ポタラ前のコルシェー。

いつまで続くか不明であるが、ポタラ裏のルカンでも毎晩催されている。

 

imgp0715

(ルカンでコルシェー)

 

ラサに来られるみなさん、夕食後にでも、

ぶらっと散歩にポタラ前に出かけてはいかがでしょう。

コルシェーの環に交じれば、食後のいい運動になること間違いなし!

(ただし、高地にいることは忘れないようにしましょう、笑)

 

Daisuke/Murakami

 

imgp0751

(五週間目、ちょっと美猫になったか。)

 

5月19日

(ラサの)天気: くもり時々晴れ

(ラサの)気温: 8~21度(昼間晴れると相当暑いです)

(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、フリースなど。 夜は(厚手の)フリース、ジャンパーなど。 日焼け対策は必須。帽子は被ったほうがいいです。空気は非常に乾燥しています。念のために、雨具は持ってきたほうがよいでしょう。また、風も強く吹くことも多いので、マスクなども役立ちます。

 

Copyright(C) 2005-2015 村上大輔 All Rights Reserved.