読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

チベット人と猫 [LHASA・TIBET]

Daisuke Murakamiのチベット駐在日記

先月、4月12日。

2ヶ月ぶりにラサの自分の部屋に戻ると、新たな生命反応がふたつ!

チビ猫が2匹。

飼い猫のシロが子供を産んでいたのだ!

 

 

 

 

ホテルのスタッフによると、ちょうど2日前に生まれたらしい。

へその緒もまだついたままであった。

 

imgp0087

(生後三日目)

 

この数週間近く、まるでおっぱいを吸うために生まれて来たように、ずっとおっぱいを吸い続けていた。

そのおかげか、最初の鼠みたいな体つきが、見る見るうちに猫らしくなってきた。

 

それにしても案の定というか、予想通りというか。

春になると温かくなるため、猫は外出しやすくなる。

そして自然、発情もしやすくなり、情事も起きやすくなるのである。

また都合よく、僕が帰ってくるころにちょうど出産とは・・。

まるで計算していたかのようだ。

 

実は、去年も一匹産んでいたが、少し経った後亡くなってしまった。

今回はおそらく大丈夫なような気がする。

 

imgp0090

(生後三日目。左にへその緒が見える。)

 

名前を付けた。

一匹はヤンヤンと呼ぶ。

「ヤン」とはチベット語で「運気」とか「ツキ」とかいった意味である。

人間にも付けられる名前で、ほとんどの場合、女性に与えられる。

羊のことを「ヤン・ル」と言ったりするが、「運=羊」の意味で、

このグレーのやつは、性格が羊のように柔和なのでヤンヤンと呼ぶことにした。

 

imgp0450

(「ヤンヤン」三週間目)

 

もう一匹。

こいつは手ごわい。食い意地も張っている。

手で掴むと、この世の終わりとばかりに暴れる。

そして幼猫のくせに、すでに「オッサン顔」をしている。

 

imgp0105

(暴れるオッサン猫、生後一週間。)

 

こいつは斑(ぶち)があるので、ブチにしようと最初思ったが、

そんな平凡な名前ではキャラは表わせない。

 

ところで、チベット人の名前にブチという名前があるが、

それは「男を引っ張ってこい」という意味がある。

男の子が生まれると思ったのに、女の子だった・・。 お前、今度は男の子を引っ張ってこいよ、

という感じの意味合いが込められている。

フェミニストもびっくりのすごい名前だ。

 

うちのオッサン・ブチ猫であるが、

筋骨もしっかりしており、(メスだけど)ケンカが強そうなので、

偉大な大阪の漫画『ジャリン子チエ』にあやかって、「小鉄」にした。

 

小鉄とヤンヤン

いまいち語呂が合わないが、そのほうが猫も自分の名前を覚えやすいかもしれない。

 

imgp0573

(「小鉄」。生後四週間経って、やっと「人面猫」の面影が消えていった。前世は人間だったのか?)

 

話は変わるが、

チベット人はあまり猫を飼う習慣がない、というか、

あまり猫のことをよく思っていない人が多いのである。

(アムドなどでは若干事情が違うようであるが・・。)

売春婦のことを、「猫」(チベ語で「シミ」)という隠語を使って表わすこともあるくらいで、

ネガティヴなイメージが強い。

その代わり、犬の好きな人は多い。

チベタン・マスチーフといったライオンのような番犬や、チャウチャウ犬なんかはよく飼われる。

 

以前にもこのブログで書いたかもしれないが、チベットの言い伝えによると、

人が死んで閻魔大王の前で審判を仰ぐとき、

その人が生前飼っていた動物たちが召還されるそうなのである。

飼い主がどんな人間だったかを犬猫にも聞くためである。

犬は、飼い主がどんな悪人でも、とても心優しい人でした、と答えるらしい。

ところが猫は、飼い主がどんな善人でも、こんな悪人はめったにいない、などと言うらしい。

 

なんともはや。

犬は飼い主に忠実、猫は自分勝手、という動物本来の習性が、

死後の世界の話にも反映されているのだ。

 

思うにチベット人は、

動物という生き物を人間の思うようコントロールしようとしすぎているような気がする。

ヤクといい、羊といい、犬といい、人間の都合を聞いてくれるものばかりである。

 

imgp0553

(先日、ゴールデンウィークに添乗でやってきた風スタッフ・Sさんから猫テントを頂く。)

 

猫は、天上天下唯我独尊。

もともと他者の願いや欲望を、鼻から認識外に置いている。

脳の物理的構造において、おそらくは。

こちら人間側が恩着せがましくすると、たまらなく嫌らしい動物に見えてくるというもの。

 

猫の猫たる所以は、

「何か役立つことをする」ことではなく、

「ただその場にいる」ことにあり、

それだけで存在理由を成立させている、摩訶不思議な生き物なのである。

 

話は戻って、うちの小鉄とヤンヤン

まだよちよち歩きなのであるが、そろそろ、トイレのしつけをせねばならない。

仔猫餌も必要になってくるであろう。

 

imgp0535

(生後三週間半。)

 

「風のチベット」でラサに来られる猫好きのみなさん、

うちの部屋を猫カフェのように開放いたしますので(?)、

どうか美味しい日本の猫餌、よろしくお願いします!?(笑)

 

Daisuke/Murakami

 

5月7日

(ラサの)天気: くもり時々晴れ

(ラサの)気温: 5~16度 

(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、フリースなど。 夜は(厚手の)フリース、ジャンパーなど。 日焼け対策は必須。 空気は非常に乾燥しています。念のために、雨具は持ってきたほうがよいでしょう。また、風も強く吹くことも多いので、マスクなども役立ちます。

 

Copyright(C) 2005-2015 村上大輔 All Rights Reserved.