読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

現代ラサの伝統デートスポット!?[LHASA・TIBET]

チベットの首都ラサ―。

何世紀も昔から内陸アジア最大の<聖都市>として栄えた街であるが、

もちろん男女のいるところ、愛は育つもの。

有名な仏教巡礼地の近くなどには、「伝統的なデートスポット」がある。

 

 

 

 

最も著名なものは、世界遺産にも入っているポタラ宮殿の裏側にあるルカンであろう。

ルカンとは「龍の館」の意味である。

このルカンの周囲には池があり、龍神の棟梁が棲んでいるとされているが、

この池の周りに夕方薄暗くなると若いチベット人のカップルたちが集まってくる。

 

このルカン、数年前に整備され、綺麗になりすぎた感はあるものの、

古い木々のあるおかげで、遠目には隠れることができ、

カップルたちも池に映った自分たちの姿を観ながら、

愛を囁(ささや)きあうのである。

 

imgp4979

ポタラ宮殿の裏側。真ん中の木々の中にルカンはある。)

 

チベット人がいかに口説き上手か、

いかにベタベタのロマンチストか、

それはこちらの<ラサ人・愛の言葉コレクション>を見ていただきたい。

みなさんにも何らかのヒントになるでしょう!?

 

さてルカンであるが、

実はここは、信心深いチベット人にとって重要な巡礼地でもある。

若者たちが、濃厚な接吻を交わしている間に、

巡礼中の自分のお母ちゃん、おじいちゃんに見られた!

なんてことにならないように、実はもっとディープな逢引きの場というのがある。

 

それは、ラサの南に流れるキチュ河―。

キチュとは「悦びの水」の意味であるが、なんとも意味深長な。

このキチュ河沿いで、カップルたちはやっと手を繋ぐことができるのである。

 

チベット人は仏教の影響であろうか、「恥ずかしいふりをする」習慣がある。

男同士・女同士は公共の場で手を繋ぐことも多いが、

カップルは街中では手を繋ぐことはほとんどない。

(ラサの中心街を歩いていると、屈強な男達が手を繋いで歩いているのをよく見かけるが、

実は彼らはゲイではない。純粋な友人として、男として、男を好いているのだ・・、ってこれはゲイの定義か?)

 

しかしながら、

チベット人は元来大胆な性格の持ち主なので、

「悦びの水」キチュ河に囲まれながら、大人の恋も、子供の恋も、禁断の恋も、

やっと自由に羽ばたくことになる。

 

チベット=仏教>のイメージが強く、ともすると忘れられがちであるが、

チベット人仏教徒である前に、人間なのである。

ということで、自然、

デートスポット・逢引きの場が、聖都市ラサのあちこちに発生することになる。

 

imgp0377

(夕闇の中のキチュ河)

 

ラサのデートスポット、

ポイントは「水場」といえるかもしれない。

水という、侵入性があり流動性の強いモノと、

我々を突如襲う恋愛というアモルファスな化け物は、

無意識の場で深く繋がっているのであろう。

 

いや、もっと正確にいうと、こうかもしれない。

この世俗の世界の際(きわ)=大地の際が「水場」(河や海)なのであり、

恋愛という至極本能的で自然な(そして時には「危険」でもある)精神は、

文化の中心の場からできるだけ離れたところで営まれるのが

「社会的にしっくりくる」のであろう。

 

そう考えていくと、

ラサの真ん中、聖なるポタラのすぐ側で、

俗なる欲望の顕われが垣間見えるという、奇異な空間性に興味が湧いてくる。

ルカンを建てたのが17世紀の愛の詩人・ダライラマ6世であることに、

その秘密の一端が窺えるような気がする。

 

テーマは恋愛事。

妄想は尽きない―。

 

Daisuke/Murakami

 

*上の文章は、旅専facebookページに投稿した記事を加筆修正したものです。

 

4月26日

(ラサの)天気: くもり時々晴れ

(ラサの)気温: 4~18度 

(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、フリースなど。 夜は(厚手の)フリース、ジャンパーなど。 日焼け対策は必須。 空気は非常に乾燥しています。念のために、雨具は持ってきたほうがよいでしょう。また、風も強く吹くことも多いので、マスクなども役立ちます。

 

Copyright(C) 2005-2015 村上大輔 All Rights Reserved.