読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

ラサ、冬到来。[LHASA・TIBET]

久しぶりのラサからの駐在日記!

今秋、日本に一時帰国していたため、長い間日記が滞ってしまった。

 

 

 

 

そして実は、つい先日まで、チベット奥地へ風の視察に巡っていたのであった。

 

巡った場所は、

チベット語で「カム」と呼ばれる地域の東側―

つまりは、中国四川省の西側に広がるチベット地域である。

グーグル地図で見るとはっきり分かるが、

四川省の西側はぐりぐり高い山々でせりあがっており、

チベット高原の一部を成しているのである。

 

dscn32941

(はっはー!雲下の中華世界よ、さらば!! 雲海を通り抜けると、チベット世界が広がっているのだ。)

 

そして、そこは、もちろんチベット文化圏。

発展著しいラサなどではほとんど見られなくなった、チベット世界が広がっていた。

日程が詰っていたため駆け足旅行であったが、カムの空気をほんの少しでも吸うことができたのだ。

この、稀有な時空の巡り合せに感謝したい。

いつか、本ブログか、風のイベントなどで紹介したいと思う。

 

dscn34001

(タルギェゴンパ)

 

さて、

ラサには数日前に戻ってきた。

ラサはすっかり冬到来である。

ラサの冬といえば、巡礼者たちである。

 

imgp36631

(ジョカン寺をコルラする巡礼者の群れ。 ラサでは、冬が「最もチベットらしく」なる季節なのである。)

 

僕の泊まっている宿は、夏は欧米人観光客の人気宿となるが、

今は巡礼者の宿となっている。特に今年はアムド(青海省)のチベット人

多いようで、宿のスタッフたちは「アムド巡礼宿」になってしまった、と苦笑気味である。

 

今年巡礼者が増えたのは、どうやら映画『2012』を観て、

世界が滅ぶのを(半ば)信じてしまった多くのチベタンが、

その前にラサ巡礼をせねば、と急いでいるためだと、冗談半ばに

友達が教えてくれた。

映画はフィクションであろうが、ほんとうに信じてしまったチベタンがいても

ちっともおかしくはない。

 

話は戻って、

うちの「アムド巡礼宿」は、特典がふたつある。

まずは、ラサの円環巡礼路・リンコル沿いにあるため、

門を出てすぐに巡礼を開始できること。

それともうひとつは、巡礼路の立地を利用して、美味しい

サカン(レストラン)が宿の表玄関で開店していることだ。

ラサ到着当日、早速僕も食べたが、トゥクパ(チベットうどん)が

昨冬より美味くなっていた。

油分が少なく、(チベットでは珍しく!?)割合さっぱり味で、

明らかにスープのクオリティが進化していた。

 

imgp36191

(トゥクパ、漬物、そしてミルクティー)

 

この冬、風のチベット・ツアーに来られるみなさん!

ホテルの朝ご飯に飽きたら、ぜひ僕に声をかけてください。

巡礼者たちが食べている、このトゥクパ&ミルクティーの

チベタン朝グルメ>へ誘いましょう。

 

Daisuke Murakami

 

imgp3679

(冬のラサの夕空)

 

☆ 冬のチベット旅行の防寒準備は、

一年前に本ブログで紹介したこのページをご覧ください。

 

11月10日

(ラサの)天気: ほぼ快晴

(ラサの)気温: -2~16度 

(ラサでの)服装: 昼間はフリース、セーターなど。 夜は、厚手のフリース、ダウン、コートなど。晴れの日は日差しがとてもきつくなるので、日焼け対策は必須。空気は非常に乾燥しています。この季節、雨は降ることは少ないですが、雨具は念のため持ってきたほうがいいでしょう。