~ 人類学者の徒然なる詩考と猛想 ~

「魂」を取り戻すチベットの宗教儀礼

ひさびさのブログアップ! 4月以降、大学の授業が予想通りに忙しく(!?)、 なかなかアップできずじまいでした。 まめにチェックして頂いている方々には、たいへんご迷惑おかけしました。ほんまにすみません。 さて、気を取り直して、今日はお知らせです…

ブータン人の見た日本人の幸せ [Vol.2]

先日、ブータン人の友達が日本にやってきた。 日本に来るのは初めて、そして大都会の体験も初めてだったようで、 Tokyoはいろんな意味で刺激的だったようだ。 彼の仕事の合間をぬって、何度か会った。 東京の雰囲気に翻弄されすぎて、挙動不審になっていない…

ブログの輪廻転生 [Vol.1]

みなさんはじめまして。 また、「風の旅行社」の駐在日記を読んで頂いていたみなさんには、 大変ご無沙汰しております。 ラサの村上大輔です。 とはいっても、長年住んでいたラサの部屋はすでに引き払ってしまい、 今は東京に住みながら新しい生活を送ってい…

ラサ再発見 [LHASA・TIBET]

毎度ながら、チベットの暦は面白いものだな、と思う。 夏の終わりを告げるショドン祭の始まり(8月25日)とともに、 急に雨が少なくなった。 少し前までは、夜から午前中にかけて長雨続きで、 雨季慣れしているラサ人も、さすがにこれは異常気象だと口々…

東京・丸の内にチベット茶館を [LHASA・TIBET]

今年のラサは雨がよく降る。 おかげでとても涼しい。 灼熱地獄の日本から来た身にとっては、まさに天国そのものだ。 乾燥していて、涼しくて、ちょうどいい。

東京散歩写真エッセイ [TOKYO・PHOTO-SCAPE]

とりとめのない、東京散歩道。

最近読んでいる本 [TOKYO・ANTHROPOLOGY]

日本は雨続き。 チベット・ラサでは到底ありえない雨の降り方、である。 こんなに長期間かつ長時間、雨を体験するのは何年ぶりのことか・・。 だが、雨季ということは、 見方を変えれば読書日和ということである!(笑) ということで、今日は最近読んでいた…

ラサのサイコロ、東京の龍神 [TOKYO・LHASA]

「ホーァーー!!!」 「ハァー!」 「ショッ!!」 ラサのサイコロ遊戯・ショに興じるラサ男たちの 掛け声を表わすとこうなろうか。 ラサ・バルコルの路地裏に入ったり、地元の茶館などにいくと、 どこからともなくこのような大きな掛け声が聞こえてくる。 …

ご報告 または 「日本へ・・」

桜の季節がやってきましたね! 例年なら今ごろは春の陽気に誘われるように、 チベットに帰る準備を始める頃である。 しかし、今年はいつもとは違う。 ラサではなく、東京へ移住する準備をしている・・。 実は、日本へいよいよ帰還することになったのだ。 そ…

チベット語辞書の世界[LHASA・TIBET]

日本は寒い! ラサから帰ってきて一週間以上経つが、 久々の日本は、寒い!

2014年ロサール・タシデレ!― 東北・金華山復興協議会ワークキャンプに参加して ― [LHASA・TIBET]

ラサより、あけましておめでとうございます!(ロサール・タシデレ!) 旧年中は、たまにしかアップしないこのブログに(苦笑) 辛抱強くお付き合い頂きありがとうございました。 今年は、もうちょっと頻度をアップしますので、どうぞよろしくお願い致します…

ラサへこころの準備、上空からサムイェ遥拝を経て、人気トゥクパ店へ [LHASA・TIBET]

日本からチベットへ帰るとき、 僕はいつもこころのなかである儀式をしている。 それは「魂」を飛ばす儀式―。

現代ラサの流行神(はやりがみ)~タプチ女神信仰の発生~ [LHASA・TIBET]

日本に一時帰国してはや一ヶ月。 ラサに戻るまであと一ヶ月。 予期せず、今は東京にいることが多くなっている。

オットコ前の料理人(+秋のお知らせ)[LHASA・TIBET]

「料理のできる男はモテる」などとよくいわれたりするが、それはたぶんウソだろう。 もしそれが真実なら、とっくにこの世の中は料理の得意な男で溢れかえっているはずだ。 そうでないのは、料理ができる男=モテる、という等式は全くの神話にすぎないからだ。…

「チベット原風景」考 [LHASA・TIBET]

ブログで扱うにはあまりに大きすぎるテーマ! それに漠然としすぎて、あまり意味をなさないような気もする。 プラス、なんでもかんでも言えそうな、あやうい匂いもする(笑)。 しかしながら、「正解」は得られなくとも、怪しげな香りがしようとも、 やはり…

ネオ・バルコル [LHASA・TIBET]

三週間ぶりのラサ。 特に変化はない。 が、最近の天気、そして「改造バルコル」はどうしても気になる。

部屋の中の面々 [LHASA・TIBET]

今住んでいる部屋にはたくさんの顔が描かれている。 チベット風の部屋のせいかもしれないが、それにしても多すぎる。

ラサ写真[LHASA・TIBET]

最近撮った写真から。

シャーマンのお告げ [LHASA・TIBET]

なぜ我々は、チベットに惹かれるのか?

ラサの開放、ふたたび [LHASA・TIBET]

半年ぶりのラサ。 やっとのこさ、戻ってきた。 ともいえるし、あっと云う間の半年だったような気もする。

若手研究者たちのチベット [LHASA・TIBET]

一月は行く二月は逃げる三月は去る! はやもう二月半ば、である。 師走から始まるこの日本的時間感覚は一体なんなのだろう。

チベット人の記憶法 [LHASA・TIBET]

2013年になって、早くも二週間経ちました。 新年のご挨拶が遅れてしまったうえ、 毎度気まぐれなブログ更新間隔で大変申し訳ございません。 それでもなんとかこれからも続けいきたいと思っていますので、 本年もどうか宜しくお願い致します。

首都に住むということは? ~東京とラサの場合~ [LHASA・TIBET]

チベットに帰れず、日本滞在が長くなってきた(苦笑)。 12月の日本を経験するのは、8年ぶりぐらいか。

「日本は有人宇宙飛行を目指すべきか?」[LHASA・TIBET]

一か月以上前の話になるが、東京プリンスホテルで日本の歴代の宇宙飛行士たちが集った。 毛利衛さんが初めて宇宙へ行ってから今年でちょうど20年だという。 (もう20年も経ったのか~!) この集まり(「ふわっと92′から20周年記念シンポジウム」)は、 …

「東京都心で最もチベット的な場所」[LHASA・TIBET]

東京は「チベット」から世界で最も縁遠い場所かもしれない。

日本滞在中です[LHASA・TIBET]

方々から、ラサ駐在日記をはやく更新しろ!と大クレームが聞こえてきそうです。 現に、聞こえています(笑)。 どうもすみません! 二週間ほど前、チベットから大阪国へと帰国しましたが、 これから数回にわたって「日本滞在記」を書きたいと思います。

8月の風のチベットツアー特選写真 [LHASA・TIBET]

あっという間に、8月も残りあと一週間となりました。 昔からの言われのとおり、 ラサは「ショドン祭」を過ぎて涼しくなってきました。

「虹の泉」の秘密 [LHASA・TIBET]

先週のある日。昼過ぎ。 現地手配会社の日本部長のハン君から突然電話がかかってきた。 「みんなで今からリンカ(ピクニック)に行きますよー! よかったら大輔さんも来てください!」

「評判のいい!?」チベット大学の日本人留学生たち[LHASA・TIBET]

先日、ラサに住んでいる日本人留学生たちと飲みにいく機会があった。 そのとき彼らが話してくれたのだが、どうやらやはり、そのようなのである。

夏と生野菜とチベット人 [LHASA・TIBET]

カァー! アツイ、熱い、暑い!

チベット文化を表象するということ。[LHASA・TIBET]

かたいタイトルだが、思いつくままに。

ポタラ前で大コルシェー!?[LHASA・TIBET]

コルシェーとは、チベットの伝統ダンスの王様のようなものである。 大勢で円くなって踊るもので、みなさんもどこかで観たことがあるかもしれない。 なんとそれが今、毎晩ポタラ前で繰り広げられている。

チベット人と猫 [LHASA・TIBET]

先月、4月12日。 2ヶ月ぶりにラサの自分の部屋に戻ると、新たな生命反応がふたつ! チビ猫が2匹。 飼い猫のシロが子供を産んでいたのだ!

現代ラサの伝統デートスポット!?[LHASA・TIBET]

チベットの首都ラサ―。 何世紀も昔から内陸アジア最大の<聖都市>として栄えた街であるが、 もちろん男女のいるところ、愛は育つもの。 有名な仏教巡礼地の近くなどには、「伝統的なデートスポット」がある。

2012年度の始動 [LHASA・TIBET]

二ヶ月ぶりのラサは、特に何の変化もない。 やや雲が多くなってきていること、そして確実に温かくなってきていること。 ただそれぐらいである。

ラサ郊外へ巡礼 [LHASA・TIBET]

ラサの北方に広がる山々には、 規模は小さいものの、多くのゴンパ(僧院)や祠が点在している。

ロサール・タシデレ!(謹賀新年)[LHASA・TIBET]

あけましておめでとうございます。 今年も何卒宜しくお願い致します。 去年は日本という国土に住んでいる我々にとって、困難な年となりました。 自分たちの運命を深く刻まれた、試練の年でした。 今年から、そしてこれから十年後百年後に向けて、再生を繰り…

現代チベットの笑い話 [LHASA・TIBET]

チベットのある田舎に、おばあちゃんが住んでいました。 そのおばあちゃんは、とーってもケチなおばあちゃんでした。

魂の樹、旧友来訪、チベット語の真言を台湾で歌う日本人女性歌手 [LHASA・TIBET]

先日、日本の友人がふたり、ラサに遊びに来た。

チベット現代文学への誘い [LHASA・TIBET]

チベット現代文学・・(!) この聞きなれない響きのジャンル、 実は今、静かなブームになりつつある。

“off Barkhor” のススメ![LHASA・TIBET]

“off Barkhor”とは、「バルコルからはずれて」の意味である。 バルコルの外側に広がっている、迷路のようなラサの伝統住宅街のことである。

チベット文字とウルトラマン [LHASA・TIBET]

ゆらゆらと 揺れる木漏れ日 秋の風

風の「グループ」ツアーとは!?[LHASA・TIBET]

この一週間近く、少々熱気味である。 季節の変わり目のせいか、はたまた知恵熱か・・。 日本では治りやすい軽い発熱も、高地ではなかなかそうはいかない。

2011ラサの夏 [LHASA・TIBET]

暑くてまぶしいラサである。

ブータン印象記 [LHASA・TIBET]

大変、ご無沙汰してしまいました、この駐在日記。 先日ようやくラサに帰ってきました。 いよいよ再開です。 久しぶりのラサは、先月の政治式典の残骸があちこちに散見されるものの、 いつもの夏のラサに戻りつつあります。 いつもの茶館、いつものバルコル、…

バルコル、グルメ巡り [LHASA・TIBET]

今日は、ラサ在住の日本人<羊飼い>さんからの特別寄稿です。

生命の誕生[LHASA・TIBET]

う~まれ~た~、う~まれ~た~ な~にがうまれた~ ♪

今春、ネパールにて [LHASA・TIBET]

今年の2月の話になるが、ネパールへ行ってきた。 今日は写真とともに少し紹介する。 ついでに<肋骨事件>についても書く。

チベット男はどのような<愛の言葉>をチベット女に投げかけるのか? [LHASA・TIBET]

愛の告白のカタチは普遍的なのかもしれないが、 チベット民族特有の、とでもいえるような<愛の表現>が存在する。

ラサへ、再び。[LHASA・TIBET]

二ヶ月ぶりのラサ。 長かった春。